Baby Loss Awareness Week

Baby Loss Awareness Weekとは

 毎年10月9日~15日の国際的な啓発(Awareness:アウェアネス)週間のこと。赤ちゃんを亡くしたご家族への支援の必要性について意識を高め、お空の赤ちゃんの両親、家族、友人が、彼らの大切な赤ちゃんを認識し、想いを寄せる大切な機会です。

目的

  • 赤ちゃんを亡くしたご家族への支援の必要性について、意識を高める
  • 赤ちゃんが亡くなったことを誰かに話すことを推め、孤立を防ぐ
  • 赤ちゃんを亡くすことへの理解を一般に広める
  • 亡くなった赤ちゃんを想い、讃える


歴史的背景

 はじまりは1988年10月25日、早産による新生児死で娘さんを亡くされたレーガン大統領が、10月を「National Pregnancy(妊娠) and Infant(幼児、小児) Loss Awareness Month」と定めたことにさかのぼります。
 そして、流産死産経験者である、Robyn Bear、Lisa Brown、Tammy Novakという3人の母親が、アメリカで2002年10月15日を「Pregnancy and Infant Loss Remembrance Day(PAIL Remembrance Day)」として、啓発活動をスタートしました。
2004年には、毎年10月15日の夜19時~20時の間にキャンドルを灯す「International Wave of Light」をスタート。その活動が広まり、カナダ、イギリス、イタリア、オーストラリアなど各国で同様の活動がスタートしました。


海外での活動

ピンバッジ
支援の必要性を訴え、その意識を高めてもらうために、当事者や周りのサポーターが身につける。Baby Loss Awareness Weekは「ピンク&ブルーリボン」を国際シンボルとして、ピンクとブルーの2色を使ったリボンのピンバッジが使われている。各国ではピンバッジ以外にも、天使のネックレスやTシャツなど様々なグッズがあり、それを当事者がお空の赤ちゃんの思い出として購入したり、家族や友人が当事者へプレゼントしたりしている。

Remembrance Walk(Walk to Remember)
当事者やその周囲の人達が「I have an Angel」や、お空の赤ちゃんの名前が書かれたTシャツを着てみんなで歩き、最後にバルーンリリースや歌を歌うなどのイベントが開催されている。

Break the silence
主にイギリスでは、SNSで「#BLAW2019」「#babyloss」などをつけ、それぞれ想いやInternational Wave of Lightでキャンドルを灯した様子の写真を投稿しシェアしている。

メモリアルツリー
オーストラリアでは、ちょうちょのペーパークラフトに赤ちゃんの名前書き、ツリーに飾るなどのイベントが開催されている。

この期間にできること

ピンク&ブルーリボンを身につける

ピンク&ブルーの2色を使ったアウェアネスリボンを身につけることで、意識を高め周囲の方にこの週間の存在を広めましょう。

それだけでも救われるご家族が必ずいます。

Angie では、日本オリジナルのピンク&ブルーリボンのピンバッジを作る準備をしています。ピンバッジの売り上げは、Angieだけでなく、日本全国で活動されている赤ちゃんを亡くしたご家族の自助サポートグループの活動資金としても活用していただく計画をしております。

*現在制作準備中です・・・

お空の赤ちゃんについて話をする

赤ちゃんや子供が亡くなったことに触れることはタブーとされがちですが、姿が見えなくても心から大切に想う赤ちゃんの事や、今感じている想いについて、家族はもっと話したいと思っています。

「お空の赤ちゃんも今年で〇歳だね。その後、様子はどう?」

この言葉で凍えた心が溶けだします。

Wave of Light

最終日である10月15日の午後19時~20時。
お空の赤ちゃんを想うキャンドルを、あなたもぜひ灯してください。

その様子を #waveoflight #BLAW2019 のタグをつけてSNSで発信しましょう。

世界中のお空の赤ちゃんを想う人たちとつながることができます。

詳しくはこちら